ここ近年アンチエイジングという言葉をよく耳にします。
アンチエイジングといえば、簡単に言いますと出来るだけ若く生きるということ。

人間は年をとるとともに少しづつですが体が弱くなって行きます。

これは人間の性であるとともに、この地球上のほとんどの生き物の宿命です。

人間は何故老いていくのか?

それは我々が普段取り込んでいる酸素が通常より不安定で反応性が極めて大きい酸素やその関連物質が量産される場合などがあるからです。

人間が老いていく中でそれを守ろうとする力にを抗酸化作用といいます。

人間は食事などからそれを補おうとしていますが、すべてをまかなえるわけもない上に老化によりこの現象を抑える力は低下していきます。

ですので若さを維持するためにこの抗酸化作用を高める事が必須となります。

抗酸化力のグラフ

そこでカテキンの出番というわけです。

実はカテキンにはものすごい抗酸化作用があり,DNAの損傷と修復に重要な関係にあります。

カテキンを摂取することが老化防止につながりアンチエイジングになるのです。

その他にこの抗酸化作用は 白内障や痴呆症など、年齢を重ねることで出てくる病気に対しても予防してくれます。

さらには放射線からも体を守ってくれるのでシミやそばかすの予防にもつながります。

今ではサプリメントなどでもカテキンは摂取できますし、カテキン含有量が高いお茶類もおすすめです。

カテキンをとる習慣こそがアンチエイジングへの一番の道なのかもしれません。