本日は女性必見、腸内環境の改善のお話しをしたいと思います。

腸内フローラって言葉を聞いたことがありますか?

これは顕微鏡で腸内を除くとたくさんいる細菌がお花畑のように見えることからついた名前です。

腸内には様々な細菌が混在しており、もちろんその中にはいい菌と悪い菌がいます。

これらを善玉菌、悪玉菌という風に言います。なんとなく耳にしたことはないですか?

もちろんいい菌がいっぱいいたほうがお腹の調子もよく、
逆に悪い菌がいっぱいだとお腹の調子も悪くなります。

悪玉菌が増えることで起こる様々な症状とは?

悪玉菌が増え腸内のバランスが崩れると便秘になったり、はたまた下痢になったりその両方を繰り返したりします。

そして体の内面以外にも症状が見え始めます。

小じわが増える、肌が荒れる、吹き出物ができるなど女性にとっては悩ましいものです。

しわなどを気にする女性

その他体がだるい、冷え症のような症状が出る、頭がぼーっとするなどの症状が出たりします。

もちろん腸内の直接な病気である大腸がんなどにも起因します。

それだけではなくアレルギー症状、神経系の病気、糖尿や動脈硬化などにも密接な関係があるといわれています。

腸内環境は体全体のバランス中枢であり、腸内環境が悪くなると全身のバランスが崩れ様々な病気につながる原因にもなりますので特に注意が必要です。

腸内環境を改善するには!!

お腹の調子を良くするって考えるとおそらく一番最初に思いつくのはヨーグルトだと思います。

乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が腸内環境を整えてくれるというのが想像できますよね!

特に森永乳業さんは見つけたビフィズス菌BB536という菌を商品に生かすことで整腸作用に役立てています。

森永乳業のぺージへ

よく見てみるとすごいなあと感心します!

これを見るとやはりお腹の調子を整えるのはヨーグルトだなあと思うかもしれません。

腸内イラスト

しかし実はカテキンにも似たような整腸作用があるのです!!

カテキンの驚くべき整腸作用とは?

もちろんカテキンはカテキンなのでビフィズス菌も乳酸菌も入ってはいません。

ただそれでもカテキンは腸にいいといわれています。

カテキンのここがすごい!

カテキンには強い殺菌力がありその効果により悪玉菌を退治してくれるのですがカテキンのすごい所はここからです。

なんと、カテキンには体内にいるビフィズス菌などの有用菌を増やしてくれる働きを持つのです!

悪玉菌を減らし善玉菌を増やす働きを持っておりまさに一石二鳥!

カテキンを含む茶を飲むことでさらなる相乗効果が

カテキンを多く含む飲み物代名詞のお茶にはビタミンCも含まれています。

実はビタミンCにもカテキンと同じように、善玉菌の増殖を補助したり悪玉菌の増殖を抑制する働きがあるため、 その相互作用により腸内環境改善により高い効果が期待できます!!

2018年4月にはおいしい腸活をうたったサントリーさんの流々茶(るるちゃ)なるウーロン茶が発売されたりしています。

ウーロン茶にももちろんカテキンが入っていますしその他イヌリンという物質で腸内改善してくれるそうです。

腸内環境が気になる方は お茶を飲んで、ヨーグルトを食べることで腸内環境は改善に向かうと思います!